BLOG

2021,22栽培

山中健生

1/16 太陽の角度が少ーしずつ高くなり、日陰の場所が少ーしずつ移動して、日没が1日1分ずつぐらい遅くなり、日の出が1日1分ずつぐらい早くなり、少しずつ苺の生育も変わってきています。

1/14 こういうのはめっちゃうまいんですよね。

1/13 良い天気が続いたりで苺、ハチ、自分達も元気に作業できています。現在は花の切れ目で収穫量は少なめです。

1/13
1/13
12/23

12/9

12/7 果実が赤く色づき始めました。
数個熟していたので家族で食べました。味の表現は難しいのですが「無垢」。。という感じでした。甘いだけでなく、酸味が強いわけでなく、何か主張する訳でなく、欲もなく。ただただ苺として存在しているような、、

芽かき、摘果を急ぎます,,
11/28 暖房機 制御盤 取付け

11/25 ストロースノコ敷き。
作業は遅れ気味ですが丁寧に進められています。

苺もミツバチも元気
先週3番花房が分化したので電照をスタート
11/15 光合成日和!
炭疽病で枯れる株もポツポツ

11/12 ミツバチ達が苺の花を認識し、安定して訪花をはじめました。一安心。

11/10 3番花房の花芽分化が進んできています。

11/2 あと2枚

風次第。

11/1 開花

春夏秋冬朝昼晩

10/26 ビニール巻き上げ

毎年張り替え
色、ツヤ出てきた。

10/20 マルチング

10/16 2番花房の分化が進んでいます。気温が下がるとともに保温作業を行います。

株 小さっ

10/6 定植して10日目。
地上部は微妙に動いてきました。元肥、追肥をしないので毎年心配になります。。汗

*育苗期には液肥をあげています。
定植風景 株間40cm!

9/30 資材消毒「イチバン」の効果をずっと勘違いしていました。気付けてよかった。
「持ち込まない、広げない、繰り返さない」
https://shikoku-shokubo.org/shikoku-shokubo/images/file/backnumber/15/15-12.pdf

9/25 定植準備 作業が遅れていますが今の自分達が思い描くベストな畝(土の台)ができました。昨今の苺栽培とは真逆の方向性になりました。どうなるか。。

9/11 今年で13年目。1回りして業務の見直し&見直しを行いました。吉と出るか凶とでるか。。

ぼちぼちな苗